みごとなしだれ桜をみた。

f:id:qco45:20101016230736j:image


展示迫る。

アトリエにこもると別のことをしたくなる。

近くの商店街でお気に入りは二件の陶器やさんで、
よくいくので恐ろしいことに食器がふえつつある。

陶器は腐らない、よって買うばかりだと
永遠に増えていくだけ

でもいま買ってるのは食器だからいいや
とおもう、
骨董を買っていたころは
どんどん使うようなものでも
ないので、純粋に増えるだけ。
しかも高いのは買えないので売るとかできないやつ。

だからましだと思う。

今日の湯呑みはなかなかしぶい。
内壁に円環のなみなみがある。
昨日作った立体そっくり
と思う

たぶんあと7年早く生まれていたら絶対かわなかったろうと
いうもの。
すごい技術のとか派手なのとか、
かわいいのとか好きだけど、

最近はもっぱら飽きのこない、
用途にあわしたものを探す。


きっと茶をいれたらいい感じだ。